スポンサーリンク

売り切れいつまで続く? “マスク売り”まで現れるその実態とは?

【悲報】売り切れいつまで続くマスク売りまで現れるその実態とは・・・ 時事&気になる透析・腎臓病ニュース

この記事は約 11 分で読めます。

【悲報】売り切れいつまで続くマスク売りまで現れるその実態とは・・・

 

ドラッグストアやスーパーでのマスク売り切れいつまで続くのでしょうか?

家に過ごしている時間が多くなって、テレビをつけていると『マスク売り』『マスク商人』というのが目にはいてきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マスク売り切れいつまで?マスク売り・マスク商人が現る!

引き続き、マスク品薄状態が続いていますね。

手づくりマスクの動画が公開されたり、国は2枚の布マスクを配布するとのことで増産体制で臨んでいるということですが、しかしながら一向に、店舗で、ネットでも入手することができていません

透析に、仕事となると店舗を回っている時間は、そうそうありません。

私も最近になって、さらなる短時間勤務も出てきましたが、店舗の開店時間前から待つ時間もはっきり言ってありません、体力も無いです。

運というのかマスク購入に「一か八か」をしてまで、購入しなければならないのでしょうか?

 

マスク売り・マスク商人がで出てきた経緯

 

 

新型コロナウイルスが出て以降、マスク売り・マスク商人は次のような変遷を経て、現在に至っています。

 

新型コロナウイルス発生

薬局・スーパーからマスクが消える

ヤフオクやメルカリなどのネットオークション、ネット高額販売で高値が続く

国民生活安定緊急措置法の政令改正(罰則付き。高値で転売する行為の禁止。ヤフオク・メルカリなどで販売禁止に)

医療・介護などの現場では医療物資がひっ迫な状況。市場でのマスク不足も解消せず。

緊急事態宣言発令、休業要請

政府「1世帯につき布マスク2枚配布する」とするも、虫混入や汚れ問題も発生し届かず

マスク商人・マスク売り現る

 

マスク売りの実態

実は、マスク売りが出る前に、SNS上ではマスク商人と呼ばれる人が取り上げられていました。

その姿は、若年者であったのに驚きました(次章で)。

 

 

“マスク売り”をまとめると、

・店舗型・・・2019年に流行ったタピオカ屋をはじめ、居酒屋、焼き鳥屋、雑貨屋、化粧品屋、スポーツバー、クラブと、お店のジャンルが広い。
Lこれまで扱っていなかった店先で、マスクが少しずつ並び始めている

・店舗型の場合、マスクだけだなく、外出の必需品となった感染対策グッズの販売まで行っているところも

・個人型・・・露店、リヤカー部隊、移動販売車・・・。
L露店や立ち止まると無許可の路上販売になる。リヤカー部隊は、常にカートを引いて歩く必要がある。

・個人型の場合は、のぼりに“医療用マスクあります”とか、車の後部座席とリアガラスに“マスクあります“連絡080-****というふうに。
・マスクを詰めた段ボール箱を積み込み、通行人相手に販売。

・3,500円~4500円(50枚入り)
・中国語の「産品合格証」が貼り付けられているもよう

・今後、薬局やスーパーなど量販店店頭でのマスクが増えていけば、(需要と供給の関係で)さらに儲けが少なくなる。今のうちに稼がなければ・・・という思い

・【共通】中国から仕入れ、従来の流通ルート以外で販売する動き
 L薬局やスーパーなど量販店などからは敬遠されがち
・【共通】現在、大幅に値上がりしている状況で、儲けが少なくなってきている

マスク売り言っている主張・・・。

本当なのか闇なのか。「中国からの正規ルートで卸されたもの」とは主張しています。

 

「【特快適マスク】購入できます🥰 こちらのマスクですが、店舗や、インターネットで購入した物ではなく、卸売業者から直接購入致しましたので、転売対象にはなりません(経済産業省に電話で確認済み)」

 

マスク商人・・・スーツケースに詰めて電話する姿も。

 

 

“マスク商人”をまとめると

・愛知県(名古屋や京橋駅、大須というところに出没)
・スーツケースにマスクを詰めて売り歩いている姿から
・価格は【5枚660円】【50枚入り5000円】で販売
・商人仲間がいる
・電話番号も公開中
・清潔なのか?製品の品質だってわからない!粗悪品かもしれない?

マスク売りとどう違うのかが、分かりづらいところはあるのですが、マスク売りの場合、店舗型があり、さまざまジャンルのお店でマスクを売っているところに、特徴あるのかなと感じます。

店舗型の場合、下記で挙げているように、マスクの仕入れ先として、事業者間間の取引を行っているのがほとんどだと思われるからです。

マスク販売は禁止!国民生活安定緊急措置法の政令改正を受けて

 

2020年3月15日に、国民生活安定緊急措置法の政令改正により、家庭用、医療用、産業用のマスクを問わず、購入した値段よりも高値で転売する行為が法律で禁止されました(製造、卸、小売りの事業者間で行う商取引は対象外)。

罰則付きで、1年以下の懲役か100万円以下の罰金です。

 

国民生活安定緊急措置法の政令改正では、すなわち

①「特定の相手」もしくは「購入価格を超えない価格」であること

②事業者間の取引は「不特定多数の相手」との取引とはされないこと(商取引で)

 

の2点が、ポイントになります。

少なくとも、マスク売りしている店舗であれば、大前提として②の、事業者間の取引を介していることは信じたいです。

政令改正をしてもマスクの売り切れは続き、肝心の政府からの布マスク配布もトラブル紛れ。遅れている状況になりつつあります。

マスク売りやマスク商人と呼ばれる人たちが出てきても、おかしくないわけで・・・。

 

まとめにかえて

 

 

平時より高額なものの、「楽天市場」などの通販サイトでは、マスクの予約販売を受け付ける店舗も出てきている。在庫を1枚当たりの価格で安い順に表示する「在庫速報.COM」というサイトも登場。3日時点では、4月中旬発送で1枚50~70円程度が「相場」となっている。

在庫速報com

4/4付 Yahoo!ニュース

上記の在庫速報COMのように、ネット上では徐々にマスクの流通が回復しているようですね。

随時確認していますが、すべてのお店をチェックするのは、たいがい透析中にネットサーフィンでもしていないと、無理ですね。1カートンでも入れれば良いのですが・・・。

しかし、胸中は複雑ですね。

当たり前のように仕事ができて、お金を稼いで、生活をする。

コロナウイルスで一転して、それができなくなっている人が増えてきている。

仕事も少なくなってきています、なくなってきています。

“マスク商人”を取り上げたときはあまり感じなかったことですが、タピオカ屋をはじめ、居酒屋、焼き鳥屋、雑貨屋、化粧品屋といったように、積極的にお店を休業したり、休業要請を受けて休業命令を受けたスタッフたち、解雇された人が多いというのが、とても気がかりです。

コロナにかからないようにとマスクを欲する私と、マスク売り・マスク商人の実態。

「マスクを売ってでも金を稼がなくてはいけない現実」というのを、心のどこかで重くのしかかっています。

ここまでしないと生きていけないのでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました